豊胸手術ってどういうの?

豊胸手術の方法は、大まかにバック挿入法と脂肪注入法に分けることができます。これにメスを使わないプチ豊胸のヒアルロン酸注入法を加えると、3種類となります。


現在行われている豊胸手術のほとんどは、バック挿入法になります。わきの下を数センチ切開し、そこからバッグプロテーゼと呼ばれる人工乳腺を挿入し、胸のボリュームと張りを引き出すというものです。


自分でどれくらい大きくしたいかによって、バックの大きさを決められるので、自分が思った通りの大きさにすることが可能となります。人工乳腺として使用されるバッグは、安全性が高く、形よく仕上がり、触った感じも自然の胸に近づき、耐久性も向上しているので、破れたりすることもほとんどないと言われています。


これに対して脂肪注入法は、脂肪吸引の技術を応用し、まず自分の痩せたいところの太ももやおなかから吸引した自分の脂肪をバストに注入することによって、豊胸を図るというものです。痩せたい部分の脂肪吸引と同時に行いますので、一石二鳥の手術ともいえます。


「下半身は太いが胸は小さい」とか「バッグ等の人工のものを使用するのは抵抗がある」という方に適した方法です。まず自分の痩せたいところの脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入します。注入する方法は、乳腺上、乳腺下、大胸筋下などの多層に分けて注入します。こうすることで生着率(脂肪が注入された場所で存在していく確率)を向上させることができます。


どちらの豊胸手術を選ぶかは、どれくらい胸を大きくしたいのか、現在の自分の体形はどうなのか、などによって決まることになるでしょう。


安全面では、バック挿入も脂肪注入もほとんど優劣に遜色はありません。まず、自分で納得できるクリニックを見つけ、自分の豊胸に関わる悩みについてよく相談して自分に最も合った方法を見つけることが、何よりも大切だということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。