豊胸手術で注意すべき点

豊胸手術の技術が進歩したとはいえ、豊胸手術はかなりデリケートな手術であるため、何らかの問題が起こる可能性がまったくないとはいえません。手術を受ける前には、どんな問題が起こり得るかを自分自身でしっかり確認しておきましょう。


豊胸手術が積極的に行われるようになってから、既に半世紀が経つようですが、その歴史は合併症や副作用の連続といっても過言ではなかったようです。女性の乳房は人間の体の中でも特殊な器官ですから、そう易々とは再現できないということです。


豊胸手術の成功のためには、整形した乳房の大きさ、形、柔らかさとともに、長期的な安全性が求められます。半世紀にわたる試行錯誤の上に成立している現在の豊胸手術ですが、まだまだ完成された手術とは言い難いところもあるようです。


バッグ挿入法の場合、バッグという異物が身体に入るために、異物反応によりバッグの周りにカプセル(被膜)が形成され、このカプセルが固く収縮し、内側のバッグを締め付ける状態である「カプセル拘縮」が起こり得ます。その結果、触感が硬く不自然になり、まれには乳房の変形をきたします。


体質で硬くなることもあるので絶対に防げるというものではありませんが、マッサージによるアフターケアでかなり軽減できるようにはなっています。また、バッグの破損は非常にまれですが、バッグが物である以上、破損の可能性がゼロではありません。


そのほか、どの外科的手術でも起こり得ることですが、バッグの周囲に体液や血液が溜まり、血腫が発生することがあります。 また、術後しばらく乳房や乳頭部の一部に知覚の低下や喪失が残る、バッグのまわりに部分的にペコペコするところが出てくる(リップリング)、バッグが上方に移動し、そこで固定されてしまう、というようなことも起こることがあります。


次に、脂肪注入をした場合ですが、脂肪が生着するかどうかは、移植した脂肪が生き残る条件と、注入に適した脂肪の厳選や注入の技術によって変わってきます。脂肪定着率が低い場合は、思ったようなサイズアップができないこともあります。


また、注入した脂肪が石灰化してしこりになる場合があり、乳がんと間違われることもあります。


日本では、医師の判断でどのような手術、治療法も行なえるシステムになっていますので、クリニックを選ぶ際には慎重に安全性を検討する必要があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。