豊胸手術:バッグ挿入法でグラマーなボディに!

豊胸手術とは、整形手術の1つの類型で、乳房の中に詰め物を入れてバストアップさせるというものです。


ですので、エステなどのクリームを使ったバストアップトリートメントや補正下着で周りのお肉を集めてボリュームアップすることと、豊胸手術とは、根本的に異なるものです。


豊胸手術には、大きく分けて2種類、ヒアルロン酸注入も含めると3つの種類があります。


1つ目は、「バッグプロテーゼ」(略してバッグ)と呼ばれる人工乳腺を挿入するバッグ挿入法です。


2つ目は、自分の体の余分な脂肪を乳房に注入する脂肪注入法です。


そして3つ目は、メスを使わない豊胸手術として話題になっているヒアルロン酸注入法です。


バッグ挿入法とは、ワキの下、乳輪部、乳房下のいずれかを切開し、人工乳腺を挿入してバストアップさせる豊胸手術です。バッグ挿入法、人工乳腺法、インプラント挿入などさまざまな呼び方があります。


日本では、ワキの下のしわに沿って数センチ切り、バッグを挿入するのが一般的です。


挿入するバッグは、耐久性が向上しているので、日常生活の中で破れることはほとんどありません。万が一破れてしまっても、人体に悪影響を及ぼすものはほとんどないといえます。


細かい単位でバッグのサイズを指定できるので、自分の思い通りの大きさのバストにすることができます。気になる術後の傷跡も、時間の経過とともに段々と白い線になり目立たなくなります。


バッグといっても内容物や形状によってさまざまなものがあるので、医師からしっかりとアドバイスを受け、自分に最も適したものを選ぶことが、豊胸手術を成功させるためには何よりも重要となります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。