豊胸の基礎知識カテゴリの記事一覧

豊胸手術とは?

豊胸手術とは、整形手術の1つの類型で、乳房の中に詰め物を入れてバストアップさせるというものです。


ですので、エステなどのクリームを使ったバストアップトリートメントや補正下着で周りのお肉を集めてボリュームアップすることと、豊胸手術とは違います。


豊胸手術には、大きく分けて2つの種類、ヒアルロン酸注入も含めると3種類あります。


1つ目は、「バッグプロテーゼ」(略してバッグ)と呼ばれる人工乳腺を挿入するバッグ挿入法です。


2つ目は、自分の体の余分な脂肪を乳房に注入する脂肪注入法です。


そして3つ目は、メスを使わない豊胸手術として話題になっているヒアルロン酸注入法です。


バッグ挿入法は、代表的な豊胸手術です。ワキの下、乳輪部、乳房下のいずれかを切開し、人工乳腺を挿入してバストアップさせる方法です。バッグ挿入法、人工乳腺法、インプラント挿入などさまざまな呼び方があります。


日本でのバッグ挿入法による豊胸手術は、ワキの下のしわに沿って数センチ切り、バッグを挿入するのが一般的です。挿入するバッグは、耐久性が向上しているので、日常生活の中で破れることはほとんどありません。万が一破れてしまっても、人体に悪影響を及ぼすものはほとんどないといえます。


豊胸手術のもう一つの代表的な方法は脂肪注入法です。自分のお腹やお尻、太ももなどから脂肪を吸引し、その脂肪を乳房に注入してバストアップさせるというものです。


脂肪注入法は、元々のバストを1カップ以上に大きくする豊胸手術には向いていません。なので、バッグ挿入法と比べるとバストアップに大きな効果は望めません。


しかし、人工物であるバッグを挿入することに抵抗を感じる方や、腹部や下半身が太っているわりに胸が小さいと悩んでいる方などに適した豊胸手術です。


ヒアルロン酸注入法とは、プチ豊胸として最近話題になっている、メスを使わない豊胸手術です。最近ではプチ整形という言葉も定着してきましたが、豊胸手術にもプチ豊胸と呼ばれるものがあります。それがヒアルロン酸注入法による豊胸手術です。


ヒアルロン酸注入法の場合、通常の豊胸手術と違ってメスによる切開が必要ないため、気軽に安心してできるということで人気があります。





豊胸とは?

豊胸とは何かについて、まず考えてみたいと思います。


小さな胸、垂れた胸、しぼんだ胸、左右の大きさが違う胸など、胸の悩みを持つ女性は少なくありませんよね。「胸を大きくして、もっと自信を持ちたい」・・・。いや、大きさばかりでなく、形や硬さ、感触についても悩みを抱える要因の一つといえるでしょう。豊胸に関わるこれらの悩みは成長期の発育の問題ばかりでなく、出産や授乳、加齢による衰えが原因の場合もあります。


そんな願いをかなえるのが「豊胸手術」です。したがって、豊胸手術は、胸を大きくしたり、形を整えたりするほか、胸のさまざまな悩みに応えるための手術なのです。


豊胸手術は乳腺に変更を加えない術法なので、妊娠や出産後の授乳に影響を及ぼすものではありません。結婚前の20代の女性から、授乳後にしぼんでしまった女性まで、年齢に関係なく受けることができます。


バッグ挿入法は、脇の下の目立たないところからバッグを挿入するわけすが、現在の技術では傷痕も目立たず、外見上も触った感じも自然な状態を保持することができます。


また、脂肪注入法の場合は、自分自身の余分な脂肪を胸に注入することになるので、痩身も同時に実現することができます。


豊胸手術には、胸を大きくするばかりでなく、胸の形をきれいにすること、例えば乳房に張りを持たせたり、垂れた乳房を吊上げたりというふうに、目的によってさまざまな方法があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。