豊胸Q&A/ヒアルロン酸注入法

豊胸に関する代表的なQ&A(ヒアルロン酸注入法)をまとめてみましたので、豊胸手術を受ける前にぜひ参考にしてくださいね。


Q1 ヒアルロン酸注入法でどんな豊胸ができるの?

豊胸手術で全体的に大きくしたい場合は、乳房の全体に行き渡るようにヒアルロン酸を注入します。


豊胸手術でバストをボリュームアップしたい場合は、乳房の外側にヒアルロン酸を注入します。


豊胸手術で胸の谷間がほしい場合は、乳房の内側に多くのヒアルロン酸を注入します。


豊胸手術でデコルテを美しく見せたい場合は、乳房の上部分にヒアルロン酸を注入します。


豊胸手術で形を良くしたい場合は、乳房の部分的にヒアルロン酸を注入して形を整えます。


豊胸手術で左右の大きさを揃えたい場合は、小さい方の乳房により多くのヒアルロン酸を注入します。


Q2 ヒアルロン酸注入法のメリット・デメリットって?

ヒアルロン酸注入法のメリットは、次のとおりです。

・乳房を切開しないので傷跡が残らない
・短時間で自然なバストアップが可能
・アレルギーを起こしにくい
・部分的なバストのデザインも可能
・授乳後の張りを取り戻すことも可能


一方、ヒアルロン酸注入法のデメリットは、次のとおりです。

・時間の経過とともに徐々に吸収されてしまうので、定期的な注入が必要
・注入の都度料金がかかる

豊胸Q&A/脂肪注入法

豊胸に関する代表的なQ&A(脂肪注入法)をまとめてみましたので、豊胸手術を受ける前にぜひ参考にしてくださいね。


Q1 脂肪注入法による豊胸手術の手順は?

手術の手順は、まず通常の脂肪吸引と同様に、脂肪を採取します。次に採取した脂肪を生理食塩水で洗浄し、状態のよい脂肪だけを選別します。そして脂肪を注入用の特殊な注射器に移し、形を整えながらバストに少しずつ注入していきます。



Q2 脂肪の注入量はどれくらい?

採取できる脂肪の量によっても異なりますが、だいたい一般的には約200cc〜300ccくらいです。



Q3 手術の時間はどれくらい?

脂肪の吸引する量や注入する量によっても異なりますが、一般的には約1時間半〜2時間くらいです。



Q4 入院の必要はあるの?

通常は入院不要です。豊胸手術の後、普通に歩いて帰宅できます。特に異常がなければ、3日後のガーゼ交換や1週間後の抜糸までは通院の必要もありません。



Q5 麻酔はするの?

クリニックによる違いや患者の個人差はありますが、麻酔は一般的に局所麻酔と静脈麻酔を使用します。豊胸手術は浅い睡眠状態で行います。

豊胸Q&A/バッグ挿入法2

豊胸に関する代表的なQ&Aということで、前回に続きバッグ挿入法についてまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q3 豊胸バッグの形にはどんなのがあるの?

豊胸バッグの形には、ラウンド(おわん)型、アナトミカル(しずく)型、アシンメトリー型などがあります。



Q4 豊胸バッグの形毎にどんな特徴があるの?

ラウンド(おわん)型は、豊胸バッグの内容物の流動性が高く、立っている姿勢ではバストの下側が大きくなります。また、寝ている姿勢ではバストが自然感じでに均等に広がります。日本人の体型に適した形といえるでしょう。


ラウンド(おわん)型のメリット・デメリットは次のとおりです。

<メリット>
・感触が柔らかく、体の動きに合うので、誰でも比較的自然な感じのバストになりやすい

<デメリット>
・痩せ型で乳腺がない方に適用すると、まん丸い形のバストになってしまう


アナトミカル(しずく)型は、しずくのようにバストの上が薄くて下が厚い形で、上下に方向性があります。本来バストは重力で下に垂れるものですから、理に適った形といえます。


豊胸バッグの内容物の流動性が低く、立っている姿勢でのバストの形を優先したい場合に威力を発揮します。バストの下側にボリュームが出ます。欧米人や元からバストが大きい方に適した形といえるでしょう。


アナトミカル(しずく)型のメリット・デメリットは次のとおりです。

<メリット>
・立っている姿勢でのバストの形が自然な感じになる

<デメリット>
・触った感触がラウンド(おわん)型に比べて若干劣る


アシンメトリー型は、アナトミカル(しずく)型の類型の1つで、上下だけでなく左右にも方向性があります。アシンメトリーという名のとおり、左右非対称ということです。


本来バストは左右で形が違うものであるため、そのとおり豊胸バッグも右胸用と左胸用との異なる形のバッグを作ったわけで、やはり理に適った形といえます。


アシンメトリー型のメリット・デメリットは次のとおりです。

<メリット>
・正面・左右・上下のどこから見ても、バストの形が自然な感じになる

<デメリット>
・バッグを正しい位置に挿入する必要があるため、手術の傷痕が若干大きくなる可能性がある

豊胸Q&A/バッグ挿入法1

豊胸に関する代表的なQ&A(バッグ挿入法1)をまとめてみました。


豊胸手術を考えているあなた、これを参考にしてくださいね。


Q1 バッグにはどんな種類があるの?

バッグ(人工乳腺)には、シリコンバッグをはじめ、生理食塩水バッグ、ハイドロジェルバッグ、CMCバッグ、コヒーシブバッグ、アナトミカルバッグ、アシンメトリーバッグなど、様々なものがあり、豊胸手術を受ける方の要望に応じて、どれにするのがよいか選択できるようになっています。



Q2 バッグの種類毎にどんな特徴があるの?

シリコンバッグは、豊胸手術用のバッグとして最も歴史が長く、もともと世界各国で広く使用されていたバッグです。非常に柔らかい素材であり、挿入後も違和感のない自然な感触がその最大の特徴です。


生理食塩水バッグは、内容物に完全無菌処理を施した人間の血液と浸透圧の等しい濃度0.9%の生理食塩水を用いたバッグです。医療現場では頻繁に使用されています。コンタクトレンズの液と同じものですから、癌や自己免疫の異常を起こす心配はありません。しかし、感触がやや不自然であることと、内容物(生理食塩水)が漏れやすいことが、豊胸手術用としての問題点といえます。


CMCバッグは、仏アリオン社が開発した継ぎ目のないシリコン製のバッグです。CMC(カルボキシメチルセルロース)の組織構成がなめらかな動きを生み出し、従来のバッグよりも触感が進化しています。人間の乳腺組織にきわめて近い質感を備えています。しかし、内容物が流出すると、人体に不都合が生じるということが、豊胸手術用としての大きな問題点といえます。


コヒーシブバッグは、人工臓器などに使用されるシリコン製の極薄バッグに、米国FDA認可の安全性の高いシリコンが結合状態(寒天状)で入っていて、シリコンバッグやCMCバッグの短所を改善し、安全性を高めたバッグです。粘液状で漏れ出す恐れのあるシリコンやCMCに比べ、ある程度の硬さを持たせてあるので、万が一バッグが破損した場合でも内容物が漏れ出す心配はありません。


アナトミカルバッグは、重力で下に垂れるという乳房本来の形をしたバッグです。仰向けでは自然に流れ、立つとしずく状の形になる、より生体の動きにマッチし自由度が高いラウンド型タイプのバッグに比べ、立った時の乳房形状を優先したい豊胸手術の場合に威力を発揮します。


アシンメトリーバッグは、フランス厚生省とEUが認可した初の乳腺下専用豊胸バッグです。人間の胸は左右で形が異なりますが、従来のバッグは左右同じ形でした。アシンメトリーバッグは、自然な胸の形を忠実に再現するため、左胸と右胸で形の違うアシンメトリー(左右非対称)を初めて採用したものです。右胸用と左胸用があり、正面・横・下からとあらゆる角度から見ても自然な豊胸を実現するものです。

豊胸Q&A/豊胸手術の選択

豊胸に関する代表的なQ&A(豊胸手術の選択)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 バッグ挿入法脂肪注入法はどちらがいいの?

バッグ挿入法の場合、バッグの大きさが50cc〜500ccぐらいまで10cc単位であり、どれくらい豊胸したいかによって、あなた自身で大きさを決めることができます。あなたが望むとおりの大きさのバストを手に入れることができるわけです。


最近のバッグは、技術が進歩したので、触った感じが自然のバストに本当に近くなっています。また、耐久性も向上しているので、破れたりすることはほどんどなく、何十年も大丈夫だといわれています。


一方、脂肪注入法ですが、自分の脂肪を脂肪吸引で取り、それを注射でバストに注入するわけなので、すごく自然な仕上がりになります。また、太ももやおなかの脂肪が気になる人には、その部分が細くなるため、プロポーションを整えるという一石二鳥の効果があります。


しかし、脂肪注入法の欠点は、そんなにバストを大きくできないことです。大きくできるのは、平均すると1〜1.5カップぐらいです。上手くいけば2〜3カップぐらい大きくなることもありますが、逆に取れる脂肪の量が少なかったりすると、0.5カップぐらいしか大きくならないこともあるようです。


ですので、脂肪注入法は、2カップ以上豊胸したいという人にはあまりお勧めできません。しかし、人工物であるバッグを挿入することに抵抗を感じる方や、腹部や下半身が太っているわりに胸が小さいと悩んでいる方などには適した豊胸手術といえるでしょう。




Q2 ヒアルロン酸注入法ってどんなの?

ヒアルロン酸注入法とは、プチ豊胸として最近話題になっている、メスを使わない豊胸手術です。最近ではプチ整形という言葉も定着してきましたが、豊胸手術にもプチ豊胸と呼ばれるものがあります。それがヒアルロン酸注入法による豊胸手術です。


ヒアルロン酸注入法は、通常の豊胸手術と違ってメスによる切開が必要ないため、気軽に安心してできるということで人気があります。


ヒアルロン酸注入法の場合、ヒアルロン酸の注入場所や量を調節することで、患者が望むような理想的な豊胸を行うことができます。

豊胸Q&A/豊胸手術入門編

豊胸に関する代表的なQ&A(豊胸手術入門編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 豊胸ってなんですか?

胸を大きくして、もっと自信を持ちたい・・・。いや、大きさばかりでなく、形や硬さ、感触についても、もっとこうなりたい。そんな悩みを抱える女性の願いをかなえるのが「豊胸手術」です。豊胸手術は、胸を大きくしたり、形を整えたりするほか、胸のさまざまな悩みに応えるための手術なのです。



Q2 豊胸手術ってどんなもの?

豊胸手術とは、整形手術の1つの類型で、乳房の中に詰め物を入れてバストアップさせるというものです。ですので、エステなどのクリームを使ったバストアップトリートメントや補正下着で周りのお肉を集めてボリュームアップすることとは違います。



Q3 豊胸手術にはどんな種類があるの?

豊胸手術には、大きく分けて2つの種類、ヒアルロン酸注入も含めると3種類あります。


1つ目は、「バッグプロテーゼ」(略してバッグ)と呼ばれる人工乳腺を挿入するバッグ挿入法です。脇の下の目立たないところからバッグを挿入するわけすが、現在の技術では傷痕も目立たず、外見上も触った感じも自然な状態を保持することができます。


2つ目は、自分の体の余分な脂肪を乳房に注入する脂肪注入法です。自分自身の余分な脂肪を胸に注入することになるので、痩身も同時に実現することができます。


そして3つ目は、メスを使わない豊胸手術として話題になっているヒアルロン酸注入法です。通常の豊胸手術と違ってメスによる切開が必要ないため、気軽に安心してできるということで人気があります。


豊胸手術には、胸を大きくするばかりでなく、胸の形をきれいにすること、例えば乳房に張りを持たせたり、垂れた乳房を吊上げたりというふうに、目的によってさまざまな方法があります。



Q4 妊娠や出産に影響ありますか?

豊胸手術は乳腺に変更を加えない術法なので、妊娠や出産後の授乳に影響を及ぼすものではありません。結婚前の20代の女性から、授乳後にしぼんでしまった女性まで、年齢に関係なく受けることができます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。